スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の水検定初級

本日は毎日検定バンクの「日本の水検定初級」を受験してみました。毎日検定バンクは無料でネット受験なので気軽に受験することができます。さらに新しい検定ができるとメールで知らせてくれるので便利です。とりあえず、勉強もしないで受験してみると30問中21問の正解で合格することができました。ちなみにこの検定は21問以上の正解で合格となります。ぎりぎりの合格ということです。問題はダムの話から、大相撲の話、浄水場の話とバラエティに富んだものでした。合格証をダウンロードしてみると初級という文字はなく、なんか得した気分です。1月には中級の試験も始まるとのことなので、挑戦してみようと思っています。
日本の水検定初級合格証
スポンサーサイト

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

ビジネス会計検定試験2級申し込み

本日、ビジネス会計検定試験2級の申し込みを行ってきました。申し込みは専用の払込取扱票に住所・氏名・生年月日等を書き込み、それを郵便局に持って行って受験料を払い込むだけです。郵送したりする手間がないので、この方式は助かります。受験料は6,300円で、払込手数料は120円でした。この検定試験は大阪商工会議所が行っていますが、今年始まったばかりなので知名度は低いです。第1回は7月29日に行われ私も受験しましたが、実施されたのは3級だけでした。今度の第2回試験(2008年2月3日)で初めて2級の試験が実施されます。前回の3級の試験が比較的簡単だったので、2級も1回目の試験ならそう難しくはないだろうと思い申し込みました。2級FP技能士の試験と試験日が1週間しか違わないので、日程的には苦しいところではありますが、頑張ろうと思っています。
ビジネス会計検定試験受験要項・申込書

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

2級FP技能士試験申し込み

昨日、2級FP技能士の学科試験と実技試験(生保顧客資産相談業務)の受験申請書と振込金の利用明細(みずほ銀行)を、自宅近くの郵便局から簡易書留で金融財政事情研究会あてに発送しました。本日、日本郵政のホームページで確認したところ無事に金融財政事情研究会に到着したようです。受験料は学科試験4,200円、実技試験4,500円です。みずほ銀行虎ノ門支店の指定口座に受験料を振り込み、振込金の利用明細と受験申請書を金融財政事情研究会に郵送すれば受験の手続きは終了です。受験申請書は金融財政事情研究会のホームページからダウンロードできます。インターネットでの受験の申し込みも可能ですが、私は利用したことがありません。受験の手続きはしましたが、勉強はまだ全くしていません。2008年1月27日の受験日までそんなに時間もないので、これから頑張りたいと思います。

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

文化財愛護ボランティア活動中間報告会

11月22日(木)に文化財愛護ボランティア活動中間報告会が開催されたので、出席してきました。場所はさいたま市にある「埼玉県立歴史と民俗の博物館」です。報告会は13:30から始まり、最初は県庁の担当者があいさつし、次に博物館の担当者があいさつしました。博物館の担当者は、当博物館においてもボランティアを募集中なので、よろしくお願いしますとのことでした。歴史や民俗に興味があり、お時間がある方は応募してみてはいかがでしょうか。詳しくは博物館のホームページを見てくださいね。続いて各ボランティアが3~5分程度の時間で、自分が今までしてきたボランティア活動の報告を行った。20名のボランティアが報告したので、15時過ぎに報告は終了しました。その後、博物館のボランティアの案内で、博物館の常設展示を一周して16時過ぎに解散となり、各自で特別展を見学することとなった。特別展は「お伊勢さんと武蔵」という題目であり、伊勢と埼玉の繋がりを示す展示でありましたが、私は報告会の前に見学は済ませておいたので、帰路に着きました。
特別展「お伊勢さんと武蔵」

家電製品アドバイザー更新講習用テキスト

家電製品アドバイザーの更新講習用テキストが財団法人家電製品協会から郵送されてきました。この資格は5年に1回更新しなければ資格の有効期限が切れてしまいます。やはり5年位経つと家電製品も進歩するからでしょうか。講習用テキストと名前が付いていますが、講習があるわけではなく自分で読んで問題を解き解答を書いたマークシートを財団法人家電製品協会へ2ヶ月以内に送り返すだけです。テキストはA4で結構分厚いものですが、2ヶ月あれば余裕があると思います。
家電製品アドバイザー更新講習用テキスト

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

地下タンク等定期点検技術者定期講習(更新)

昨日、地下タンク等定期点検技術者の資格を更新するために、5年ごとの定期講習を受講してきました。場所は東京都港区虎ノ門にある日本消防会館の5階でした。日本消防会館というだけあって、1階には古い消防ポンプなどが展示してありました。時間は13時15分から始まり16時30分位に終わりました。講師は東京都消防庁等の人で、地下タンクの漏洩事故や法令改正の話などでした。ほとんどの人が地下タンクを点検する業者の人らしく真剣に話を聞いていました。自分では点検しませんが、私の職場にも重油の地下タンクがあるので、半分寝ながら一応話は聞いていました。講習が終わった後、講習修了書をいただきましたが、古い修了書の裏に日付と判子を押してあるだけでした。次の更新の時に修了書が新しくなるとのことでした。
講習修了書の裏面

日本消防会館1階

家電製品アドバイザー更新申込

家電製品アドバイザーの資格を取得してから5年近くが経ち、更新のご案内のという書類が「財団法人家電製品協会認定センター」から着ました。ただちに、受講申請書を簡易書留で送付し、受講料も振り込みました。この資格は名前のとおり家電製品をアドバイスする能力があることを証明する資格で、家電製品の大手販売店等で働く人が取得することが多いようです。家電製品アドバイザーの資格は「AV情報家電」と「生活家電」に分かれていて、私が持っているのは「生活家電」の方だけです。「AV情報家電」の方は2回不合格になり諦めました。この資格は家電製品の進歩に合わせるため、5年に1回の更新があります。受講申請書を提出し、受講料を振り込むとテキストや研修問題が送られてくるようです。そして2ヶ月以内に研修問題の解答用紙を送り返さなければいけないようです。そして、解答が合格判定レベルに達していれば認定証が送られきて、更新が無事に終わります。合格判定レベルに達していない場合は再提出になるとのことです。現在はテキストや研修問題が送られてくるのを待っている段階ですので、送られてきましたら続きを報告いたします。

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。