スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「郷土富士見検定」受験

今日は市立鶴瀬公民館(埼玉県富士見市羽沢3-23-10)で「郷土富士見検定」を受験してきました。公民館の入口に受付があり、受験票を見せて出席を確認しました。10時から検定について説明があり、その後市長の挨拶と激励がありました。10時10分から試験が始まりましたが、問題80問中70問位は問題集と全く同じだったので20分弱で解答が終わりました。問題は四択式ですが、マークシートではなく解答欄に数字を書く方式でした。試験開始から30分経過すると退出できるので(正式な試験時間は60分)、解答用紙とアンケートをスタッフに渡して10時40分に退出しました(問題は持ち帰れます)。受付で解答と解説/12月2日に開催される検定の表彰式と報告会のお知らせ/検定の主催者であるNPO法人富士見市民大学のお知らせ等が入った特製クリアーファイルをいただきました。帰宅してから解答と解説を参考にして自己採点したところ80問中76問の正解でした。パーセントにすると95%の正解率になるので金賞は確実だと思います(90点以上で金賞、80点以上で銀賞、70点以上で銅賞)。なお、下記の画像はクリックしていただくと拡大します。
看板 1
↑ 道路前の看板
検定会場
↑ 検定会場(鶴瀬公民館)
看板 2
↑ 建物前の看板
教室
↑ 試験会場のホワイトボードに貼ってある看板
クリアーファイル
↑ 解答と解説等が入った特製クリアーファイル

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

COMMENTS

No title

手づくり会場案内板 いいね

No title

こんにちは、inakaさん。予算が無いので手作りです。スタッフもボランティアです。来年度から市の補助も無くなりそうなので、受験料も有料になりそうです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。