スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉱物鑑定試験8・9級」受験

今日は池袋サンシャインシティ文化会館7階会議室で「鉱物鑑定試験8・9級」を受験してきました。会場を見回すと小学生から70歳位まで老若男女いろいろな人がいます。テーブル1台に6人で、テーブルが16台ありほぼ埋まっていたので95人位の人がいたのでしょう。13:30~15:15までが講習会で22種類(石英・オパール・石膏等)の鉱物について配付資料と見本に基づいて説明がありました。きらきら光っている石の見本があったので金かと思ったら黄鉄鉱という鉄と硫黄の化合物でした。講習会が終了した時点で9級は取得できます。10分間の休憩の後、15:25から8級の試験が始まりました。内容は鉱物の見本を見て名前を選ぶのが5問、鉱物の性質についての○×問題が10問です。8級の試験は配付された資料でも図鑑でも何を見てもOKなので楽勝でした。試験時間は40分ですが15分位で会議室から出てきました。8級の試験に合格した人には8級の認定証が、不合格の人には9級の認定証が来年早々に送られてくるそうなので楽しみです。ただ、8級と9級の両方の認定証が貰えないのは残念なところです。
「鉱物鑑定試験」案内板

テーマ : 資格マニア - ジャンル : 就職・お仕事

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。