スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県文化財愛護ボランティア

本日(2月21日)埼玉県文化財愛護ボランティアの活動として、『東台金山公園』(埼玉県ふじみ野市大井514-12)に行ってきました。今年度の活動報告は2月25日までに埼玉県庁に送らないといけないので、今回が今年度最後の活動となります。『東台金山公園』は見た目はただの公園のように見えます。私も何度も公園の前を通り過ぎながら、文化財と関係があるとは気づきませんでした。前回の活動で「旧島田家住宅」に行った時にいただいたパンフレットの中に、『東台金山公園』が奈良時代の製鉄炉の遺跡と書いてあったので、今回訪問してみました。この公園はマンションの一角にありそれほど広い公園ではありません。その中に100分の1の地形模型と復元した製鉄炉があります。いずれも保護のために透明な強化プラスチックのようなもので覆われていますが、埃と傷で中がよく見えません。また、付近の道路には看板等も無く、文化財があることにこれでは気づかないでしょう。埼玉県庁には遺跡のメンテナンスと看板の設置を進言しようと思っています。
復元した製鉄炉

テーマ : ボランティア活動 - ジャンル : 福祉・ボランティア

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。